安物のダミーライトに配線つけてみた

電子工作

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'kattene_custom' not found or invalid function name in /home/lotton6t/lotton-6t.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 307

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'kattene_custom' not found or invalid function name in /home/lotton6t/lotton-6t.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 307

先日こういうのを購入しました。

こんな安物でも無いよりマシですが・・・

流石にこれを乗せるだけだとショボいので線を取り付けます。

スポンサーリンク

加工

まずは穴あけ・・・

危険ですのでこんな方法はやめてください

めんどくさがってカバーをつけたまま加工しないようにしましょう。


線材は何に使ったのか覚えてないケーブルの余りを使います。

なるべく太い物を用意するのがポイント。

念のため末端は絶縁処理

完成!

ポンづけに比べたらマシだと思います。

取り付け

ぱっと見で存在感があるように、わざとらしく線は露出させました。

夜間の様子。

中華製は当たり外れが大きいので光ってよかった。

ちなみに説明文に「ダミーケーブル付き」と書いてあっても、このページのように取り付けるスペースもケーブルも付属してないのでご注意を。

コメント