バッテリー性能を最大限引き出すためのコネクタ交換手順

電子工作

コネクタを交換すると

  • バッテリーの出力向上
  • 取り外しが簡単
    • 交換によって抜けやすくなる、といったことはありません
  • 管理が楽になる

などのメリットがあります。

しかし、コネクタ交換を雑にに済ませてしまうと、使用中に異常な発熱、最悪の場合では発火や炎上によるケガや事故につながります。

そのためこのページではバッテリーのコネクタの交換手順について紹介します。

コネクタ交換によってメーカー保証を受けられない場合があります。各自確認してください
手順は簡単ですが大変危険な作業になります。細心の注意を払って作業を行ってください
スポンサーリンク

準備するもの

まずは使用する工具等を確認します。

必要なもの

製作するうえで必ず必要なものです。

はんだセット

はんだづけに使用します。セットとは【はんだ】【はんだごて】【こて台】をいいます。

ニッパー

線材の切断に必要です。

交換コネクタ

ディーンズコネクタ

通称T型コネクタ、ディーンズコネクタとも呼ばれます。

熱収縮チューブ

はんだ箇所を絶縁するものです。適切なサイズ(太さ)を選びましょう。

今回の場合は直径3~6mmを選びましょう

コネクタや熱収縮チューブはAmazonでも扱ってますが単価はやや高めです。

大量に使用する予定があればボビーショップ、電子部品屋、秋葉原などで調達するとお得です。

あると便利な物

必須ではないですが余裕があれば一緒に準備しましょう。

フラックス

塗布することではんだを乗せやすくするものです。線、コネクタ共にメッキ処理されているので絶対に必要というわけではありません。

ワイヤーストリッパー

線材の被膜を抜き取るために使用します。慣れてる人ならペンチとニッパーでやっていると思います。

ヒートガン

熱収縮チューブを縮める際に使用します。熱を当てればなんでも良いので、ライターやはんだごてを当てて代用しても構いません。

やり方

そんなに難しいものでもないので注意箇所ごとに説明します。

コネクタの確認

まず前提として、バッテリー側(リポ、リフェなど)と本体側(電動ガン、ラジコンなど)の両方のコネクタを交換するとします。

その際に必ずバッテリー側をメスにしてください。

メスコネクタ。T型コネクタ対応の市販バッテリーはこれになってます。

オスコネクタ。充電器に変換ケーブルが付属している場合これがついています。


理由は割愛しますが電源はメスコネクタを使用する、というのは世界共通認識です。

GNDの線は黒にする暗黙のルールみたいなものです。

配線の切断

バッテリーの線を切断しますが、このとき必ず線は1本ずつ切断してください。

2本同時に切断するとニッパーを通して電気が流れてショートするため、最悪発火します

切断場所はコネクタの根元が良いです。

片方の線の線をコネクタにはんだつけ・熱収縮チューブでの処理が完了するまでは、もう片方の線は切断しないでください

熱収縮チューブを忘れずに

コネクタにとりつける前に熱収縮チューブを忘れずに入れておきましょう。意外と忘れやすいです。

コネクタをはんだづけする際に熱が伝わって縮んでしまうことがあるので、なるべくコネクタから離した位置に置いておいてください。

コネクタのはんだ付け

まずはコネクタにの表記があることを確認しましょう。

-には黒線+には赤線をはんだづけしてください。

間違えたまま本体と接続してしまうと機器の故障や発火、事故等につながります

はんだづけが完了したら、この時点でやや強めに一旦引っ張ってみてください。

もしはんだが取れてしまったらはんだ不良です。フラックスを使用するなどしてやり直してください。

大丈夫でしたら熱収縮チューブを取り付けて、もう片方の線も同様の処理をしましょう。

必ず熱収縮チューブでの処理が完了するまで、もう片方の線は切断しないでください。線が端子に触れてショートする恐れがあります

ちなみに+側はこのようにペンチを利用するとはんだづけが簡単です。

完成!

やってることはこれだけです。簡単でしょう?

ただし、何度も書いたとおり大変危険な作業ですので、疲れている時などは作業を控えていただきたいです。

見栄えを気にする方は2色の熱収縮チューブを使用すると良いです。ほかにもなど様々な色があります。


リポバッテリーについてのまとめはコチラ

リポバッテリーについてまとめ
ラジコン、電動ガン.、自作ロボットなど扱う一部の方々ならご存知のリチウムポリマー電池、通称リポ。よく分かんないけど、すごそうだから使ってるなんとなく危ないイメージなど、実際どんなものなのかよく分かってない人も多いの...

コメント