カメレオンカメラ(バックカメラ)取り付けてみた

最近の車にはバックカメラが標準装備されていますが、私の購入した車にはついていませんでした。

後つけで取り付けることも可能ですが、大半の場合ボディに穴あけや削りなどの加工が必要です。

んが、ナンバープレートのねじ止めを利用することでボディに加工をすることなく取り付けできます。

今回はこれを試してみました。

ちなみに車検に通るかどうかは微妙なところです。

まずはナビ側から。

トヨタ車純正ナビの場合は変換ハーネスを準備するだけで接続できます。

たとえばこういうやつ

機種によってはレベル変換が必要な場合があります。電装系に疎い場合は詳しい方に任せましょう。

金属が露出している場所はテープで保護。

配線は適当に裏側に這わせておしまい。


問題はここから。商品レビューにて

コネクタが大きくて穴に入らない!

というのが多かったです。

解決案としては

穴をドリル等で拡張させる

という手段がありますが、これはお勧めできません

ボディに加工しなくて済むというメリットがなくなってしまうほか、失敗した際に普通のネジが取り付けできなくなる可能性があります。

なので私はコネクタを削る方法を推奨します。

案の定私の場合もそのままでは入りませんでした。なので・・・

このコネクタを・・・

こんな風に樹脂の部分だけ削り取ります。

カッターやニッパーなんかで簡単にむき出しにできます。

必要であれば受け側も同様の処理をします。

必ず絶縁処理を忘れず行いましょう。

電源供給は適当にとりやすいところから・・・

みんな大好きエーモンコネクタで給電。

ここまでいけばあとはつなげるだけ

配線を通して完成。

かなり疲れたので今日はここまで。

コメント