nanacoカード発行(300円)に半日も悩んだつまらないお話

日常・日記

私はケチな性格節約家(見習い)です。ムダな出費はなるべく減らし、ポイントが溜まるなら極力利用し、生活必需品はなるべく安いものを選んでます。

そうやって浮いたお金で好きなもの買ったり、おいしい食事に回したり、余ったお金を投資に回したりしてます。

で、聞いた話によると

nanacoポイントを活用するとクレジットカードのポイントと2重取りや、間接的にクレジットカードで納税ができるのでお得!

とのこと。節約してる方々には常識らしいので私も発行!

と思っていたのですが、発行手数料300円をケチるためとても悩みました・・・

そんなつまらないお話です・・・

スポンサーリンク

300円回収に必要な金額

nanacoのポイント還元率は1.0%です。300円分のポイント回収にはどれくらい必要かというと30,000円になります。

ですが、nanacoカードはクレジットカードでチャージすることが可能で、一部のカードではnanacoチャージでもポイントが溜まります。個人的にお勧めなのは以下の3つ

これ以外のクレジットカードでもチャージは可能ですがポイントがつかなかったりポイントの使い勝手がイマイチだったりするので、上記の3つが現状お勧めです。詳細は各自で調べてみてください
kiigoを利用すれば月50,000円の制限がありますが、多くのVIZA、Mastercardでnanacoにチャージできます

また、納税、金券・ギフト券購入ではnanacoポイントは付きませんので、クレジットカードのポイントのみとなります。

これらを踏まえて300円に回収な費用を算出すると・・・

  • nanacoポイントのみ:\30,000
  • リクルートカードのみ:\25,000
  • 0.5%カードのみ:\60,000
  • nanaco & リクルート:\13,636
  • nanaco & 0.5%カード:\20,000

長い目でみればそこまで大きな金額ではありません(?)

ですが(2回目)、nanacoカードは無料で発行できる手順がいくつかあるのです。節約できるなら余計な出費はしたくないところ・・・

無料でnanacoを発行する方法

たかが300円に悩んだことはココです。無料でnanacoが使えるようになる方法があるので、私が苦悩した経緯と合わせて紹介しますw

nanacoモバイルの使用

nanacoモバイルなら300円を支払うことなく無料でnanacoを使用することが出来ます。手持ちのカードが増えないので最初はこれで行こうとしました。

ですが(3回目)、nanacoモバイルはおサイフケータイ対応機種でないと利用できません。すなわち・・・

iPhoneでは使用できません(2018年12月)

私はiPhoneユーザーなので諦めました・・・

思考時間:3分(機種変更検討時間)

8のつく日にイトヨーカドーへ

毎月8日、18日、28日ならイトーヨーカドーでnanacoカードを無料で発行できます。

ですが(4回目)、私の生活地域にイトーヨーカドーがありませんでした・・・

思考時間:8分(googleマップでさまよった時間)

無料キャンペーンを利用する

セブンイレブンをはじめ、入会特典として300ポイントもらえるキャンペーンが時折やってます。事実上無料ってやつです。

キャンペーンは以下のページで確認できます。

キャンペーン|電子マネー nanaco 【公式サイト】
現在実施中のキャンペーンをご紹介いたします。バナーをクリックして詳細をご確認ください。

ですが(5回目)この手のキャンペーンは稀で、狙ってカード発行とはいきません・・・

思考時間:3分(キャンペーン検索時間)

クロネコメンバーズに登録

ヤマト運輸のサービスでnanacoカードを無料で発行できます。私はよくAmazonを利用してるので会員登録はしてました。

クロネコメンバーズカード | ヤマト運輸
クロネコメンバーズに会員登録された方に発行している、会員カードです。全国のヤマト運輸直営店に設置している「ネコピット」に、簡単にログインできます。

ですが(6回目)、会員登録以外のデメリットもあります。

クロネコメンバーズnanacoカードはクレジットカードでのチャージが出来ません。

クレジットカードのポイントが付かなければ本末転倒です。

思考時間:1分(見落とすところだった)

セブンカード発行

nanacoにオートチャージできる唯一のクレジットカードです。無料で発行することができ、セブンカードで溜まったポイントもnanacoポイントに移行できます。

ですが(7回目)、セブンカードは私の用途には向きませんでした。理由は年会費です。

年会費500円:年50,000円以上の利用で無料

毎日コンビニでコーヒーや昼食を購入、nanaco対応の自動販売機を使用、みたいな用途をしている方なら余裕で達成できるので実質無料みたいなものです。

私の場合、コンビニの利用頻度が少ない(というかほとんどないw)・自動販売機は滅多に使用しない生活をしているので年50,000円もセブンカードを使用するか微妙なところ

思考時間:30分(利便性と利用頻度で発行するか悩んだ時間)


どうにかして無料で作れないか悩みましたw

ですが(8回目)、手段はすべて断たれたので諦めて300円払うか再び悩みました。

思考時間:10分(300円を惜しむ時間)


そして最後の手段をひらめきました。この方法はおそらく他の節約ブログ等では紹介してない方法になります。

限定デザインのnanacoカード購入

私はただ「300円を払いたくない」というわけではなく「無料で作れるのに300円の出費はもったいない」ということです。意味が伝わるだろうか・・・

ならいっそのこと発行手数料に付加価値をつけたらどうか?と思いつきました。

つまり、300円以上の価値のあるカード=限定デザインされたカードを購入しようと思いました。

本来の「節約」という目的から外れてますが、カードデザインが自分好みであればグッズ購入という名目で踏ん切りがつきますw

調べてみるといろんなデザインがあって悩みました。とりあえず自分好みのデザインを4つほど紹介するとこんな感じですw

軽度のアニオタなのでこういうものに惹かれますw

しかし(9回目)、上記のサイトを見てもらうと分かると思いますがさすがに高すぎます・・・

定価3,000円で販売されているなら文句なしに購入しますが、案の定売り切れです・・・

プレミアがついてるならともかく、転売ヤーから購入する気はありませんでした。

思考時間:5時間(デザイン選び & 転売屋の誘惑に飲まれた時間)

今回のオチ

散々悩んだ挙句、300円払ってnanacoカードを発行しました。

ですが(10回目)、カードのデザインが見慣れたキリンではなく・・・

20,000店舗記念カード?

まぁちょっと当たりを引いた気分ですw 貴重かどうかは分かりませんが

あとは調べていく過程で見つけたオリジナルデザインのnanacoカードの自作というものに興味あるので、そのうち挑戦してみます。

コメント