ちょっと奮発・SONY デジタルカメラ DSC-WX500を購入してみた

レビュー

ブログ用の写真はiphoneで撮っていたのですが、いろいろ不備が出てきたのでコンデジを購入しました、というだけのお話です。

ついでにカメラ選びのうんちくにつても軽く紹介します。

かる~く調べた概要と、自分が購入したコンデジの紹介をします。カメラを本格的に選ぶためにじっくり調べたい人は、ほかの方のブログ等を参考にしてくださいまし
スポンサーリンク

カメラの選び方について

カメラについて右も左も分からなかったので、私はカメラの選び方を手順化しました。カメラ選びの一つの参考にでも

カメラの種類

そもそもカメラってどんな種類があるのか知らなかったので、1から調べました。超簡単に紹介します。

コンパクトデジタルカメラ

名前の通り、コンパクトなことが特徴です。小型・薄型であり、値段も安価です。

ミラーレス一眼カメラ

一眼レフのようにレンズの交換が可能で、コンデジのように小型サイズのカメラになります。

デジタル一眼レフカメラ

少し重いですがピントが合わせやすく、山や海などでも故障しづらいです。


おおよそこの3種類になります。ほかにもインスタントカメラやスパイカメラなどありますが、用途が大きく異なるので外しておきます。

私の場合そこまで本格的な写真を撮りたいわけではなく、気軽に外に持ち出したいのでコンパクトデジタルカメラを選択しました!

次はコンデジのカメラの価格から選びました。

コンデジの価格

本来ならカメラの性能から欲しいカメラを決めるのですが、光学ズーム センサーサイズ F値 最短撮影距離 撮像素子 機能・・・正直わけがわからないよ(>_<)

そこで参考になるのがカメラの価格です。もちろん価格だけで決めるわけではありませんがコンデジの場合、用途によって次の価格帯が参考になります。

  • ~3万円:スマホカメラの代わり、初心者向けで扱いやすい
  • ~6万円:ミドルクラス、機能面が充実している
  • 6万以上:高級モデル、一眼レフ並みの表現力があるものもある

初心者の私は安いやつでいいか、と最初は思いましたが、せっかく高価なものを購入するのでちょっと奮発して3~6万円のものを選びました。趣味に金をケチってはいけない

メーカーの違い

カメラはメーカーによって性格が違います。大手メーカーのカメラを簡単にまとめると以下のような雰囲気です。

  • キャノン
    • 操作性が良い
    • アクセサリーが豊富
    • 人物を撮るのに向いている・赤系統が美しく出る
  • ソニー
    • センサなど機能が高性能
    • 小型・軽量なものが多い
    • スポーツなど速い動作を撮るのが得意
  • ニコン
    • 作りが頑丈・壊れにくい
    • ホワイトバランスが忠実・風景画が得意
  • オリンパス
    • おしゃれなものが多い
    • 防滴・防塵仕様が多く出ている

詳しいことを知りたい場合は各自で調べてくださいね。

DSC-WX500

では私が選んだカメラはこちらになります。

カメラの購入

The シンプル・かつ値段や評判もよさげだったのでこれにしました。

とりあえずアップルミントに生えてきた雑草を撮ってみましたw(クリックで拡大)

雑草に産毛のようなものが確認できたり、ピントを合わせてない箇所はボケてくれたり・・・

まさにこういう写真が撮りたかった!(雑草を撮りたかったわけではありません)

カメラ経験は少ないので他のカメラとの比較はできませんが、初心者の私でもわかるほどスマホカメラより性能がいいというのがよく分かりました。

ちなみにこのカメラは光学30倍ズームを搭載していたり、夜景もキレイに撮れる機能がついていたり、自撮りができたりと、本来は近接ではなく屋外向けなのかもしれません。が、私は満足しているので気にしませんw

中古カメラについて

Amazonのページをみてもらうと分かるかと思いますが、中古のカメラも購入できます。もともと高額な製品なだけあって中には数万円の割引もしているところがあります。

中古カメラを選ぶ際の注意点は傷・汚れなどの外見よりも、シャッター回数が少ないものを選びましょう。カメラにも寿命があり、長く使っていけばメンテナンスや修理が必要となり、そこで高額な費用が発生することもあります。せっかく安く中古品を手に入れてもすぐ修理に出してしまっては、新品を買った時以上の出費になってしまいます。

新品と中古品、どちらを選ぶかはお任せします。わたしは新品を購入しました。

アクセサリーの購入

はじめてのカメラなので他にも必要そうなものを購入しました。

カメラカバー

この一体型カメラカバーの良いところは、

  • カバーを取り付けてもコンパクト
  • 数秒でカバーを外して撮影できる
  • グリップ付きで持ちやすい

サッっと取り出してパッと撮影できるのが気に入りました。

このようなカメラカバーを購入する際の注意点がひとつあります。必ず今使用しているカメラ、もしくは購入しようとしているカメラに対応しているか確認してください。”SONY製の カメラならすべて対応している”というわけではありません。(一回失敗しました)
Amazonで購入した場合もし間違えて購入しまっても理由を「手持ちのアイテムとサイズが合わなかった」を選択することで、送料はAmazon持ちで全額返金されます。ただし、未使用(使用跡がないこと)が条件です。

カバーはカメラ本体とネジで固定する下側、下側のカバーとスナップボタンで固定する上側の2つで構成されてます。基本的には上カバーを外すだけで事足りるのですが、次のような場面では下カバーのネジも外さなければなりませんので少々面倒になります。

  • バッテリーの交換
    • バッテリーの充電はカバーを外さずに、横のUSBケーブルで充電できます
  • SDカードの交換
    • データ管理も横のUSBやWifi機能が使えるので、カバーを外す必要はありません
  • 三脚に固定
    • カバーを付けたまま三脚に固定できるカメラカバー自体ほとんど存在しないため、そこまで気にすることでもないでしょう。

横からmicroUSBで接続できるため下カバーを外すことはほとんどないため、下カバーが外しずらいというのは大きなデメリットではありません。

予備バッテリー

長時間連続使用する場合、バッテリー交換が必要になります。バッテリーをえらぶ際に頭に入れておきたいのが純正品 互換品どちらを選ぶか?になります。


純正品


互換品


商品ページをみてもらうとお分かりだと思いますが、価格差がかなりあります。基本的に寿命・容量・信頼性は純正品に軍配が上がりますが、同じ値段で互換品を複数購入し使いまわすのもありです。

とりあえず私は互換品を購入し、問題がなけれはそのまま使い続ける予定です。

三脚

今後使用予定があるのでついでに選びました。

ちなみにAmazonでMactrem製の三脚を購入しレビューすることで、1000円ほどのおまけ商品ももらえました。

詳しくはこちらで紹介してます。

Mactremの三脚を購入したらおまけがもらえたお話
カメラを購入した際に一緒に三脚も購入しました。そしたらカメラクリーニングセットをもらえたので紹介します。 カメラの紹介はこっち 三脚の購入 まずはじめに私が購入した三脚はこちらです。 最初は300円で売ってる...

まとめ

最初はカメラ選びから始まり、カメラ購入・使用、アクセサリーの購入と、結構時間もお金も掛かっちゃいました(>_<)

まあ初期投資と思って無駄にしないように長く使っていきたいと思います。

コメント