MMDでよく使う外部ツールまとめ

MMD

作品を作りこんでいくとPmxEditor等でMMD以外のソフトを使用することがよくあります。

意外と種類があるのでメモとして私が使用している外部ツールをまとめました。

モデリングソフト、動画編集ソフトなどは除外しています
スポンサーリンク

PmxEditor

定番のPmxEditorです(旧PmdEditor)。

ボーンや剛体をいじったり、質感やサイズの調整などに使います。

また、Pmxe用のプラグインが多数そろえてあります。

MikuMikuMob

画面上に大量のモデルを複製するツールです。モーションも連動します。

本来はライブ観客等に使用しますが、使い方次第では小物を複製して背景に置くようなこともできます。

MMD SimCrowd

MikuMikuMobと似ていますが、こちらは指定した範囲を自動で移動してくれます。

町モデルの歩道を指定することで簡単にモブを歩かせることができます。

PathMaker2

乗り物系のモーション作成で使用します。

私の場合、多段ボーンで対処できない複雑なモーションを作成するときに使ってます。

リップシンクツール

口パクのリップモーションを楽につくるツールです。私は2種類を使い分けています。

VmdLip

お手軽にモーションを作りたい場合はコッチ

とても簡単にできます。

FaceAndLips

音源に合わせて作りたいときはコッチ

クオリティが別格です。

MMD Macro

あらかじめ設定した手順を自動でやってくれます。

物理演算のプルプル除去、フレーム挿入が楽に行えます。

MMDクレジット

私のように一つの作品に大量のモデルが登場すると、ツリー登録がとてもめんどくさいです・・・

MMDクレジットではこの手間がある程度省けます。

人気モデルでないと効果は薄い、フォルダ・ファイル名が変更されていると使えない、といった注意点があります

最大のメリットはemmファイルを読み込むだけでツリー先を表示してくれるところですが、自作品やマイナーモデル用にはファイルマネージャーを利用するのも手です。

MMD用としてはこういうのとかあります。

まとめ

まとめのまとめ

自分でも知らないうちに使っているツールが増えていました。

それぞれのツールでも使い方のノウハウとかあるので、また個別にメモを残しておこうかな~とか思ってます。


あわせてこちらもどうぞ

コメント