AviUtl個人的によく使うプラグイン・設定まとめメモ

ツール関連

ここからが本題の私が使用しているもの紹介になります。

紹介というより自分用のメモです。

スポンサーリンク

LuaJIT導入

拡張編集の高速化させるファイルです。

[字幕] AviUtl拡張編集プラグインを高速化させるDLL入りZIP配布動画 [オリジナルPV]

AviUtlのフォルダにあるLua51.dllをダウンロードしてきたものに入れ替えるだけです。

主にオブジェクトのアニメーションで効果が実感できます。

私の場合スタッフロールや字幕で重宝します。

各種プラグイン

私が入れているプラグインです。

シークバー+

シークバーにカーソルを合わせるとサムネを表示します。地味に便利です。

ちょっと音再生

一瞬だけ音を再生させます。SEや曲のタイミング合わせに使います。

残念ながら配布停止中です。再配布を探してください。

拡張編集RAMプレビュー

プレビュー時にレンタリングして再生します。

PCスペックが足りない時、AviUtlの限界を超えてる時、いちいち中間ファイルの作成の手間がなくなります。

GPU出力

ハードウェアエンコードによってエンコード時間を短時間にします。以下から対応しているものを選びましょう。

  • QSVEnc + QSVEncC
  • NVEnc + NVEncC
  • VCEEnc + VCEEncC

シングルウィンドウプラグイン

AviUtlのウィンドウを一つにまとめます。画面上が整理されて気持ちいいです。

スプリプト導入

スプリプトの導入で表現の幅が広がります。私の場合ほとんどカット編集なのであまり活用してません。

AviUtlスクリプト一式

おもにアニメーション効果が拡張されます。

お絵かきスクリプト

気になったので入れてみただけです。動画では使ったことありませんw

きれいに書くにはペンタブが必要です。

まとめ

かなり長くなりました・・・

とりあえず思い出せるだけ書いてきましたが、まだ何か抜けてるかもしれません。

私の場合ほとんどカット編集なので、複雑なプラグイン等は入れてません。汎用性があるものばかりですね。

ここで紹介したものはほんの一部でしかないので、ほしいものは自分で探してみてください。

コメント